オンラインショップ 資料請求/お問い合わせ

日本の水道水は飲めますか?安全ですか?(お問い合わせ回答)

2022.06.30

日本の水環境や水道水質についてお客様よりご質問をいただくことがあります。

お住まいの地域によっては懸念事項が見つかる場合もありますが、概して日本の水道水は安全と言えるものです。日本で施行されている水質チェックの安全基準は世界的に見ればよく整備されており、厳格に実施されている印象があります。

はたして日本の水道には浄水器の導入が必要なのか、そのまま飲んでも問題ないのか? MULTIPURE(マルチピュア)の見解をお話します。

日本の水道に浄水器は必要なのか?

日本の水道水はそのまま飲用しても問題の起きにくいレベルまで浄水されています。たとえばお料理には、水栓から出てくるお水をそのまま利用されているご家庭も多いかと思います。

ただし懸念事項が一切ないわけではありません。以下の状況をおさえて確認しましょう。

①鉛の使用された古い配水管がないか?

日本の古い配水管には鉛が使われていることがあります。水中の溶解性鉛の一部は、国際がん研究機関(IARC)の研究において、発がん性を示す十分な証拠が確認されています。

またWHO Europeによる研究では、血中鉛濃度が10μg/dL 未満(CDC/米国疾病管理センターが定めた子どもの血中鉛濃度の削減目標)の子どもにおいても知能指数(IQ)の低下が観察されたことから、血中鉛濃度を可能なかぎり低くするための予防活動を始めるべきであるという勧告があります。(※)

とくに乳幼児や妊婦の方がいらっしゃるご家庭では鉛配管に注意が必要になります。

(※)参考 Rudnai, P.: Blood lead levels in children, Fact Sheet No.4.5, World Health Organization, Regional Office for Europe, Copenhagen, 2007.

②敷地内の配水管に劣化が見られないか?

配水管とは、浄水場の配水池から各家庭の敷地内にまで繋がっている水道管のことです。たとえ浄水場での管理が徹底されていても、敷地内や宅内の配管に劣化が見られる場合、不純物が混入する可能性が考えられます。

耐用年数は使用素材により異なりますが、配水管はおおむね15年〜30年ほどを目安に交換するのが一般的です。設置から20年以上が経過している場合、なおかつ給水管の交換が実施されない状況なら、浄水器を設置しておいたほうが無難と言えます。

③マンション・ビルの貯水槽の定期清掃状況

マンションやアパートなどの集合住宅では、配水管から流れてきた水を一度、貯水槽と呼ばれる場所に貯めておき、そこから各戸に給水される仕組みとなっています。

貯水タンクの内部は細菌が繁殖する可能性が高いため、最低でも年に一度の清掃が義務付けられています。義務違反の管理者がそう多くいるとは思えませんが、裏を返せば、清掃を怠った場合に汚れることが必至であるため、用心しておくことに越したことはありません。

安全な水道に浄水器を使うメリット

家庭に届けられる水は、目に見えない場所を通過してきます。安全だと言われる日本の水道も、環境省の実施する水質調査結果を拝読すれば、不安事項が一切ないわけではないことがわかります。

完璧な安全は、家庭に設置される浄水器によって作られます。水は健康の要ですから、家族のからだを守るために浄水器を導入するメリットは十分にあると考えられます。

浄水器の選び方の注意点

日本で流通している浄水器は、浄水性能が玉石混交です。やみくもに浄水器を導入しても期待している効果が得られるとは限りません。

比較検討の際に着目すべきは、認証機関とその検査結果です。 MULTIPURE(マルチピュア)は国際認証機関「NSF」より最大104項目の除去性能を認められています。なお日本製の浄水器で、NSF認証が得られている機種はありません。

日本では「JIS規格」のほうが一般的です。次章ではNSFとJIS規格について解説しましょう。

浄水器の性能テスト結果を確認しよう

※マルチピュア公式サイト「浄水性能」より

浄水器などの衛生設備機器は、外部の第三者機関によって性能検査が実施されているか、少なくとも自社テストが行われているはずです。その性能検査の結果を閲覧することで、期待している効果を発揮する浄水器かどうかを判断することができます。

国際認証NSFと日本独自のJIS規格の違い

JIS規格(日本産業規格/Japanese Industrial Standards)とは、日本の産業製品に関する規格や測定法を定める国家規格です。浄水器に限らず、自動車からトイレットペーパーまで、さまざまな製品・サービスの規格が作られています。

浄水器の性能試験の方法は、「家庭用浄水器試験方法(JIS S 3201)」にまとめられています。NSFと比較した場合、詳細は上図のとおりです。

(参考)国際認証機関「NSF」とは?

検査結果で安全な水をつくる浄水器がわかる

鉛やトリハロメタンといった気になる有害物質の除去性能はすべて、性能検査結果に具体的な数値で表示されているはずです。浄水器の購入前には必ず、検査結果を確認し、候補製品の性能比較を行いましょう。

各規格のガイドラインに準ずる正当な表示を確認することがポイントです。時折、過大な表示や誇張表現がされている製品もあるため注意しましょう。

MULTIPURE(マルチピュア)のスタンダードモデルでは、98種類の有害物質や不純物を取り除く性能がNSFによって認証されています。さらに上位機種のAquaextra(アクアエクストラ)シリーズは、ウイルス・バクテリア・ヒ素をも除去することができる世界で唯一の浄水器です。

NSFに認証された浄水器は、世界中に約1万2,000種類ありますが、そのトップレベルの浄水性能を持つことが証明されています。

浄水器の取り付けを検討している際には、ぜひ認証機関や検査結果にも目を向けてみてくださいね。

*お得な公式レンタルサービスについて

マルチピュアジャパンでは、月額3,300円だけで浄水器が使い放題になる公式レンタルサービスを実施しております。

初期費用も更新費用も一切かかりません。あなたもぜひ、マルチピュアのある暮らしを体験してみませんか?

まずはお気軽に、無料で読んでいただける製品資料をご覧ください。以下よりどうぞ。

関連記事

マルチピュアオンラインショップ
  • facebook
  • twitter
  • instagram
copyright @ multipure all rights reserved.